あなたのためのPayPay投信
インデックスファンド
シリーズ

購入時手数料 0円 運用コスト 業界最低水準 商品内容 シンプルでわかりやすい購入時手数料 0円 運用コスト 業界最低水準 商品内容 シンプルでわかりやすい

商品ラインナップ 第2

PayPay投信インデックスファンドシリーズは市場の指数と連動することを目指したインデックスファンドです。
第2弾はNASDAQ100インデックスです。NASDAQ100指数は、米国ナスダック市場に上場している企業のうち、流動性が高く、時価総額が大きい 100社(金融業を除く)の株式で構成される株価指数です。IT、バイオテクノロジーなど今後の成長が期待できる銘柄が多いことが特徴です。

引き続きPayPay投信インデックスファンドシリーズの拡充を予定しております。

PayPay投信
インデックスファンドシリーズの魅力は?

運用コストを低く
投資効果は最大限に

インデックスファンドの魅力は何と言っても運用コストが低い事です。投資信託のリターンは市場の動向に左右されるため予測は難しいですが、運用コストを抑える事で投資効果を最大限受ける事につながります。インデックスファンドは相対的に運用コストが低いため、投資初心者から経験者の方まで幅広い層に支持されており、近年の中長期投資への需要の高まりもあり残高が急増しております。

約2年半で残高が 1.6倍 67.7兆円 41.3兆円 2018年3月末 2020年12月末

インデックスファンド(含む、ETF)残高推移

参照:投資信託協会「数字で見る投資信託」

PayPay投信インデックスファンドシリーズは
とことん低コストにこだわった投資信託

購入時手数料無料、かつ業界最低水準の運用コストを目指し続けることで、あなたの資産形成をサポートしていきたいと考えています。

他の投資信託と信託報酬で比較してみると・・・

投資信託で資産形成
はじめてみませんか?

資産形成は
少額・手軽な投資信託で

投資信託なら少額から手軽に始めることができるため、幅広い年齢層に支持され年々投資信託保有者が増加しています。

保有経験層が 9.3%増加 2018年 23.0% 2019年 32.3% 保有している 保有したことはない

投資信託の保有状況

参照:投資信託協会「2019年(令和元年)投資信託に関するアンケート調査報告書」

販売会社一覧

ご購入には、投資信託口座(銀行でご購入される場合)、証券総合口座(証券会社でご購入される場合)が必要となります。
販売会社によりお取り扱い内容が異なる場合があります。詳しくは、上記の販売会社へ(外部サイトへリンクします)

NEWS

投資信託は、主に国内外の株式や債券、その他の有価証券等に投資しますので、組入有価証券等の価格の下落や、組入有価証券等の発行会社の倒産や財務状況の悪化、為替の変動等の影響により、基準価額が下落し、損失を被ることがあります。したがって、投資元本は保証されているものではなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。投資信託の運用による損益は全て投資者の皆様に帰属します。また、投資信託は、投資対象資産の種類や投資制限、投資市場、投資対象国などが異なることから、リスクの内容や性質が異なります。
当サイトはPayPayアセットマネジメント株式会社が作成した商品内容説明資料であり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。当サイトは当社が信頼できると判断した情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。当サイト中に記載した内容、数値、図表、意見等は当サイト作成時点のものであり、今後、予告なしに変更することがあります。なお、当サイトのいかなる内容も将来の投資成果を示唆ないし保証するものではありません。当ファンドの取得のお申込みにあたっては、販売会社より「投資信託説明書(交付目論見書)」をあらかじめ又は同時にお渡しいたしますので、必ず内容をご確認いただき、お客様ご自身でご判断ください。投資信託は預貯金や保険契約にはあたりませんので、預金保険・保険契約者保護機構の対象ではありません。登録金融機関で取り扱う投資信託は投資者保護基金の対象ではありません。
※使用している各指数に関する著作権、知的所有権その他一切の権利はそれぞれの指数の開発元もしくは公表元に帰属します。